自己処理で肌が赤くなってしまう方へ

私はもともと肌が弱く、剃刀で処理をするたびに肌荒れを起こしていました。
毛がないほうが楽だとは思っていたのですが、あまり肌を露出する方ではないので脱毛エステに行くことはなかったのです。一番大きなきっかけは、付き合っていた男性が毛がないことが好みだったことです。それから脱毛サロンを調べはじめ、毎回剃刀で処理をするより脱毛をして毛がなくなったほうが良いと思い契約しに行きました。

脱毛エステに通っていて困ったのが、脱毛をしてもらう際に自己処理をしてから行かないといけないのですが、とても肌が弱いので自己処理をした次の日に体が赤くなってしまう時があることです。
毛穴がすこし赤くなったような状態です。肌の状態が悪いと脱毛をしてもらえないし、自己処理をしていなくても脱毛をしてもらえないので困ります。施術の瞬間にスタッフにここは避けて脱毛入っていきますねと言われないかはらはらしています。

私は前日に自己処理をすると次の日起きたときにお腹などが赤くなってしまうので、当日の脱毛に行く数時間前に自己処理をしています。お風呂場でボディソープをたくさんつけるようにしていることと、終わった後は化粧水と保湿ローションを使って肌が赤くならないように気を付けています。あと剃刀が新しすぎると肌に負担があるので新しい剃刀は二の腕などの皮膚が強そうなところに使ってから皮膚の弱いところに使っています。

コメントを残す